ジョージロドリーゲ
 
 CHRONOLOGY ─ 年 表 ─
 
1944
  ルイジアナ州ニューイベリアに煉瓦職人ジョージとマリーの間に一人っ子として生まれる
1952
  小児麻痺を患い闘病中に絵画と彫刻を始める
1956-
58
  キーン夫人に絵画の師事を受ける
1959-
61
  通信教育でアートを学ぶ
(Art Instruction School and Art Correspondence Course)
1962-
64
  サウスウエスタンルイジアナ大学で美術を専攻
(University of Southwest Louisiana in Lafayette)
1965-
67
  アートセンター・カレッジオブデザインでグラフィックアートを専攻
(Art Center College of Design in Los Angeles)
1967
  父親の死後故郷ニューイベリアに戻る。ルイジアナ国家警備隊に入隊
ベロニカ・ヒダルゴと結婚
1968
  広告代理店のアート・ディレクターとして働く
1969
  広告代理店を辞め絵の制作に専念
初の個展をサウスウエストルイジアナアートセンターにて開催
ケベックの首相への贈り物としてルイジアナ州知事より制作依頼を受ける
Exhibition: Arts Center for Southwest Louisiana in Lafayette
1970
  オールドステイトキャピトルで69枚の風景画のショーを開催
Exhibition : Old State Capitol Building, Baton Rouge.
1971
  初の公的機関での展覧会開催
Exhibition: New Orleans at Reilly Gallery
1974
  “ウォーターゲート”と題する展覧会がヨーロッパ各地のギャラリー、美術館で開催され「Miss Fourth of July of Carencro, Louisiana」を出展
1975
  「Jolie Blonde」をパリのル・サロンド・アーティストに出展
初めてシルクスクリーンを制作
Exhibition: Le Salon des Artistes, Paris.
       Arvest Gallery, Boston, MA.
1976
  フランス大統領への贈り物としてルイジアナ州知事により彼の作品が選ばれる
画集「The Cajuns of George Rodrigue 」出版
1977
  カーター政権の折、アメリカ国務省からの国賓への贈り物として彼の作品「The Cajuns of George Rodrigue」が選ばれる
1980
  ギャラリーアンテニア(パリ)にて個展を開催
フランスの新聞「ル・フィガロ」で絶賛され、そのショーは6週間も延長された
Exhibition: Galerie Antenia in Paris
1984
  ヘンリー・ウォズウォース・ロングフェロー記念碑(高さ12フィート、ブロンズ彫刻)ラフィエットに献呈
1986
  共和党からの依頼でロナルド・レーガン大統領を描く。その作品は後にレーガン氏よりルイジアナ州立大学に寄付された
1988
  アップステアギャラリー(ビバリーヒルズ)で個展を開催
ロナルド・レーガン大統領とミハイル・ゴルバチョフ大統領の肖像画を含むモスクワサミットでの展示
共和党からの依頼でジョージ・ブッシュ副大統領と10人の孫を描く
Exhibition: Upstairs Gallery, Beverly Hills, California.
       Moscow Summit
1989
  ニューヨーク アートエキスポでの除幕式を彼の作品が飾る
4月、ニューオリンズのフレンチクォーターに「ロドリーゲギャラリー」オープン
Exhibition: Texas A & M Museum, College Station, Texas.
       Aboard Queen Elizabeth II transatlantic liner.
1991
  「ギャラリエ・ブルードッグ」カリフォルニア州カーメルにオープン
1992
  ロドリーゲとブルードッグについては「ナショナルジオグラフィック」「タイム」「ピープル」「ウォルストリートジャーナル」等、様々な新聞・雑誌で紹介される
ウーピー・ゴールドバーグが声の出演をする「A Man & His Dog」撮影される
そのフィルムはロドリーゲの25年間のキャリアと共に彼がティファニーを描くに至る過程が記されている
1993
  マクレーンミュージアム(イリノイ)にて、初のブルードッグのみの個展開催
カリロン インポーターズとアブソルートウォッカのコマーシャル契約を結ぶ
これは”アブソルート ロドリーゲ”と名付けられ、3年間に渉りシリーズでキャンペーンが行われる
Exhibition: McLean County Arts Center in Bloomington, Illinois.
1994
  画集「Blue Dog」出版
横浜ランドマークタワーにてブルードッグ展開催 期間中3万人の人出で賑わう
ブルードッグ展の為、初めての来日
Exhibition: The Time is Always Now SOHO Gallery, NYC
1995
  東京・南青山に「ザ・ブルードッグ・ギャラリー」オープン
ギャラリーのオープンを記念して2度目の来日
ニューオリンズジャズフェスティバルの公式ポスターの原画を制作。ルイ・アームストロングとブルードッグを描く
この作品は今迄の同フェスティバルのポスターの中で最高の人気と売上を記録した
Exhibition: Pensacola Museum of Art, Pensacola, Florida.
1996
  '95年に続き、ニューオリンズジャズフェスティバルの公式ポスターの原画を制作。ピート・ファウンテンとブルードッグを描く
画集「George Rodrigue A Cajun Artist」出版
Exhibition: Union Station, Washington D.C.
1997
  3月 伊勢丹新宿店でブルードッグ展開催の為、3度目の来日
アメリカ大統領就任式典主催委員会の依頼により制作した「THE 53RD PRESIDENTIAL INAUGURAL」発表
原画はホワイトハウスに所蔵されている
ウェンディ・ウォルフと結婚
Exhibition: Gwinett County Arts Museum, Atlanta, Georgia.
1998
  アメリカの高級デパートニーマンマーカスハワイ店オープンを記念して、「HAWAIIAN BLUES」発表。原画はニーマンマーカスの本店に所蔵されている
1999
  8月『George Rodrigue Museum』をルイジアナ州ラフィエットに開館。当博物館は南ルイジアナのケイジャンの人々の履歴をたどる歴史的な展示物にスポットライトが当てられている
画集「Blue Dog Man」出版。
2000
  ミレニアムセレブレーションフェスティバル2000でアル・ハートとブルードッグを描き、ニューオリンズジャズフェスティバル3部作を完成させた
画集「A Blue Dog Christmas」出版
ゼロックス社のインクジェットプリンターのプロモーションにブルードッグが起用される
2001
  9/11に応え「GOD BLESS AMERICA」を制作
画集「Blue Dog Love」出版
カリフォルニア州カーメルに新しいスタジオオープン、制作を始める
Exhibition: Louisiana State Archives, Baton Rouge, Louisiana.
2002
  画集「Why Is Blue Dog Blue?」出版
CHILD Magazine の最も良い子供の本賞(Best Children's Book of the Year Award)を受賞
ハリケーン・シリーズの制作開始
Exhibition: Opelousas Museum of Art, Opelousas, Louisiana.
       Uptown Park, Houston, Texas.
2003
  ICAF(International Child Art Foundation)の諮問委員会の委員となる。ICAFへの寄付の為「HONESTY」を制作
第15回ニューオリンズ・インターナショナル・ピアノコンクールの公式ポスターの原画を制作
画集「THE ART OF GEORGE RODRIGUE」出版
2004
  ルイジアナ州知事キャサリーン・ブランコ就任の肖像画を公式制作
1-2月 ルイジアナ州立美術館、4-5月 ペンサコラ美術館にて大きな回顧展を開催。ロドリーゲの40年に及ぶ画業の中で描かれた様々な作品の展示が行われた。
画集「THE ART OF GEORGE RODRIGUE」が“2003ニューヨーク・ブック・ショー賞”受賞。
全米肝臓財団(バーミンガム・アラバマ)より、Artist of the year 受賞。
12月3-6日、“Rollin' on the River”がロドリーゲ・スタジオ主催で行われた。300名のゲストを乗せ、豪華客船「アメリカン・クイーン号」がミシシッピー川でアート・アドベンチャーを繰り広げた。
Exhibition: Louisiana State Exhibit Museum in Shreveport, Louisiana.
       Pensacola Museum of Art in Pensacola, Florida.
       Susquehanna Art Museum, Harrisburg, PA
       Preservation Institute, Nantucket, Massachusetts.
       Acadiana Center for the Arts, Lafayette, LA,
2005
  4月 ニューオリンズ美術館・グレートホールで特別展覧会を開催
4-5月 新しいシリーズメBodiesモ初公開。ロドリーゲスタジオにて“Bodies”の作品を展示
ニューオリンズ復興の為の資金を赤十字に寄付する為「We Will Rise Again」を制作
10月 「ザ・ブルードッグ・ギャラリー」10周年を記念して4度目の来日。
10周年記念・新作シルクスクリーンの展覧会を開催  
「ロドリーゲスタジオ・カーメル」2号店オープン  
Exhibition: Group Exhibition at the Ogden Museum of Southern Art, New Orleans, LA
       Group Exhibition at the Robert Bruno Gallery, New Orleans, LA.
       Blue Dog Bodies, at McClain Gallery, Houston
2006
  1月 「ロドリーゲスタジオ・ニューオリンズ」再開
ニューオリンズ堤防保護キャンペーンの推進
3月 カトリーナ救援作品の売上金10万ドルと「We Will Rise Again」の原画を、再開したニューオリンズ美術館に寄贈。 この作品は同美術館に展示され永久所蔵される
ニューオリンズ・テネシーウィリアムズ文学祭20周年記念公式ポスターの原画を制作
ハリケーンの被災後、支援救済の為の基金「Blue Dog Relief」を設立
「Blue Dog Relief」は復興をテーマに制作したシルクスクリーンの販売の収益金の全てを、ルイジアナ南東地区のアメリカ赤十字、ユナ イテド・ウエィ、人文科学基金(NEH)ルイジアナ支部の芸術プログラム、ニューオリンズ美術館、ルイジアナ・フィルハーモニックオー ケストラに寄付している。総額は10月現在60万ドルに達す
「We Will Rise Again」の売上金のすべてをルイジアナ赤十字に寄付
ブルードッグの彫刻(3面体、スチール・アルミニウム製)がニューオーリンズ美術館のスカラプチャー・ガーデンに永久保存される
ルイジアナ州アートアワードでライフタイム達成芸術賞受賞
Exhibition: Group Exhibition, Louisiana State Museum, Baton Rouge
       (history of Lafayette Mardi Gras- image)
       Del Mar benefiting the Helen Woodward Animal Centerwww.animalcenter.org. San Diego
       Opens summer gallery exhibition in Aspen, Colorado.
2007
  フレンチクォーター・ビジネスウーマンネットワークからDawlin' Heart Award受賞
3月 「Blue Dog Relief」収益金の総額は100万ドルを超えた
6月8日-11月17日「RODRIGUE:BEYOND BLUE DOG」ブルードッグの"夢シリーズ"とアカディア人を代表する十人の肖像画(ルイジアナ州立大学ラフィエット校所蔵)の展示
7月29日-10月14日「Blue Dog: The Art of George Rodrigue」100点のオリジナルペイントと彫刻の展示
Exhibition: Group Exhibition, Paws and Reflect: Art of Canines, to be shown at seven museums in Bolivar,
       MO; Parker, OH; Canton, OH; Neenah, WI; Shreveport, LA; Kerrville, TN, and Spartenburg, SC
       Old Courthouse Museum / Louisiana State Museum, Natchitoches, Louisiana
       Dixon Gallery and Gardens Museum, Memphis TN
 
 ▲back